【2023年マレーシア旅行記】6泊7日のマレーシア旅行 その③|ピンクモスク(プトラモスク)見学~ペトロナスツインタワーで街を一望!夜はJWマリオット内の中華レストラン「上海」

その他

こんにちは!米国株投資でサイドFIREを目指している普通のサラリーマンエンジニアのkoko (@invest_koko) です。


この記事は6泊7日のマレーシア旅行のpart3です。マレーシア旅行全体のスケジュールや入国、宿泊先のホテルについてはpart1の記事で書いておりますので、読んでいただけると嬉しいです。

\マレーシア旅行2日目の記事はこちら/

本日のスケジュールはざっくりと下記の通りです。

  • ピンクモスク(プトラモスク)見学
  • Village Park Restaurantでマレーシア料理「ナシレマ」を食べる
  • イスラム美術館を見学
  • KL最古のモスク「マスジッド・ジャメ」を見学
  • ペトロナスツインタワーの展望デッキを見学
  • 夕食はJWマリオットホテル内のレストラン「上海」

iOS(iPhone)の方はこちら

Androidの方はこちら

  • 航空券とホテルをセットで予約出来て旅行の計画が簡単に!
  • 難しい海外の航空会社のチケットも日本のサービスで予約が出来る!

ピンクモスク(プトラモスク)見学

今日は朝一でピンクモスク(プトラモスク)に見学しに行きます。

プトラモスクはマレーシアの行政都市であるプトラジャヤにあるピンク色のモスクです。場所は下記の地図を見てわかる通りクアラルンプール中心からかなり離れています。

アクセス方法ですが、YouTubeやブログで下調べすると「Putrajaya & Cyberjaya Station」などに電車で行きバスに乗る方もいましたが、バス停にバスが来ないなど困っている情報も多く見ました。

そのため私は、宿から直接grabでピンクモスク(プトラモスク)に行くことにしました。

車で移動すること40分程度でピンクモスクの目の前に降ろしてもらいました。

こちらはピンクモスクの入り口です。スタッフさんが何人か立っており、こちらが観光客とわかると中に入っていいよ!と案内してくれています。

ピンクモスクの拝観時間は下記の通りです。

金曜日以外は朝9時から午後の10時まで拝観が出来ます。金曜日だけ午前9時~午前11時、午後3時~午後10時まで入れない時間帯もあるので、注意が必要です。

靴を脱いで入口を通おると大きなモスクが。※土足はNGです。

女性の方はローブを羽織る必要があります。無料で借りることが出来ます。

中に入ります。イスラム教徒と一般観光客ではモスク内で入れる場所が分けられています。イスラム教徒はモスクのより奥まで入いりお祈りをしています。


ガイドの方からモスクやイスラム教についてお話をしていただきました。英語が全然話せず聞き取りも出来なかったので、一生懸命説明していただいた内容を理解出来ず申し訳なかったです・・・。

モスクの中はとにかく広くて天井がかなり高いです。このピンクモスクにはマレーシアのモスクならではの植物のイラストが描かれているとのこと。

色々な国でモスクを見てみるのも面白いかもしれませんね。

ピースサインとかを控えれば写真撮影も可能です。

人生で初めてモスクを見ることができて、イスラム教について学ぶことが出来ました。

とても良い体験になりました。見た目もとても可愛いらしいピンク色で写真を撮るにも良いスポットだと思います。ぜひ訪れて見てみてください!

Village Park Restaurantでマレーシア料理「ナシレマ」をいただく

Googleで9,425件の評価で星4.3とかなり評価の高いレストラン「Village Park Restaurant」でナシレマというマレーシア料理をいただきます。

ピンクモスクからgrabで直接送ってもらいました。

メニューはこちら。一番左上のNasi-Lemak Ayam Gorengというのが最もポピュラーなようなので注文しました。12.30リンギットなので300円ちょい?かなり安いですね。

東南アジアっぽいパサッとしたお米にフライドチキンが乗っています。ナシレマはすりおろした玉ねぎのようなソースと豆、キュウリ、卵を混ぜこんでいただく食べ物みたいですね。

辛さはちょい辛程度なので辛い物が苦手な方でも食べれると思います。本当に美味しくてペロッと食べてしまいました。

ナシレマまた食べたいですね。

イスラム美術館を見学

grabでマスジットジャメという国立モスクに行こうと思ったのですが、grabの運転手さんと上手くコミュニケーションが取れず「マスジットネガラ」という別のモスクで降ろされてしまいました・・・。

koko
koko

grabはドライバーと行き先確認をしっかりしておいたほうが良いですね。

近くに「イスラム美術館」という場所があるようなので見学してみることにします。

東南アジア諸国は国によって宗教が異なり、マレーシアはイスラム教です。なので東南アジアでイスラム美術館を見ることが出来るわけですね。

日本とは違う世界での歴史の流れを美術館で知ることが出来ます。

イスラム教とキリスト教の関わりが美術館の絵を通して学ぶことが出来ます。こういうの見ると日本って歴史の流れがゆっくりだったんだなと思いますよね。

美術館の窓からムルデカ118タワーを見ることが出来ます。市街よりもこの場所が一番綺麗に見れるんじゃないかな?

イスラム圏のイメージといえばサーベルナイフですよね。装備も展示されています。

こちらは世界の有名モスクの模型が展示されています。

アブダビのシェイク・ザーイド・グランド・モスクはいつか見てみたいです。

他にも中国との関係などアジアならではの視点の展示物が多くありとても面白かったです。grabで間違えて降ろされたのも美術館を見れる良いきっかけになりました。

KL最古のモスク「マスジッド・ジャメ」を見学

クアラルンプール最古のモスク「マスジット・ジャメ」を見学しに行きます。

マスジット・ジャメへのアクセスはとても簡単で電車の最寄り駅も「マスジット・ジャメ」です。grabで指定して送ってもらうことも出来ます。

マスジット・ジャメもピンクモスク同様に拝観出来る時間が決まっていて、金曜日は15:00~16:00のみ。それ以外は8:30~12:30,15:00~16:00の時間帯で見ることが出来ます。

ネットでは14:30からと書いてある情報があって参考にして行きましたが、15:00まで入れませんでしたので注意してください。

モスクの入口には小さい噴水があり涼しさを感じます。

モスクの中にも入ることが出来ます。女性はローブの着用が必要ですが入口で借りることが出来ますので安心してください。

モスクはイスラム教徒にとって大事な場所なはずですが、観光客の私たちに対して優しく中は入っていいよ!と招いてくれます。

モスクの入口前はつるつるしたタイルの床となっていて、みなさん寝ています。外は暑いですからこのタイルは冷たくて涼めるのかもしれませんね。

拝観出来るエリアを区切ってあり、その範囲であれば写真を撮ったり見ることが出来ます。

モスクの説明は必要ですか?と聞いてくれます。

このマスジット・ジャメは夜になるとライトアップが綺麗なようです。夜に見に来るのも良いですね。

ペトロナスツインタワーの展望デッキを見学

一日、モスクの見学や美術館に行きましたが、最後はペトロナスツインタワーに登ります。

ペトロナスツインタワーはマレーシア・クアラルンプールのランドマークとなるタワーです。ペトロナスツインタワーのチケットは事前のWEBで購入しておくことをおすすめします。

当日券はだいたい買えないとのこと。

※外国のサイト(マレーシアのサイト)に遷移します。

ペトロナスツインタワーの模型です。ペトロナスツインタワーはメタリックな外装が特徴的ですね。

Web予約でチケットを購入した場合、スタッフにQRコードを提示するとこのように入場券を兼ねるシールを服に張ってくれます。

入場ゲートはスマホでQRコードを提示すればOK!

時間帯によってグループ化されていて、グループごとに展望デッキに案内されます。

私のグループはイラン人が多くてみんなスマホで大きな音楽流し始めて運が悪かったかも・・・

ペトロナスツインタワーの高さは「451.9メートル」と東京タワーよりは高いです。

高い場所からクアラルンプールの市街を眺めることが出来ます。

マレーシアはとにかく高さの高いビルが沢山立っています。

ツインタワーのもう1つの塔が見えます。


このアングルだとペトロナスツインタワー、KLタワー、ムルデカ118の3つが見えていますね!

マレーシアの空は曇ってしまい隠れているため、隙間から太陽の日が差し込んでいる神秘的な画が撮れました。

マレーシアの街を眺めることが出来るペトロナスツインタワーは初めて来られた方はぜひ登ってみてください!

夕食はJWマリオットホテル内のレストラン「上海」

夜はJWマリオットホテル内にある中華レストラン上海(Shanghai Restaurant)で中華料理を食べます。

Shanghai Restaurant 上海苏浙苑, JW Marriott Hotel Kuala Lumpur(クアラルンプール/中華) - Retty
こちらは『Shanghai Restaurant 上海苏浙苑, JW Marriott Hotel Kuala Lumpur(クアラルンプール/中華)』のお店ページです。実名でのオススメが2件集まっています。Rettyで食が好きなグルメな人たちからお店を探そう!

JWマリオットの入口までgrabで送ってもらい、エレベーターで上がるとお店の受付に到着しました。

「予約していないんですが・・・」と伝えると「問題ありません」とすぐに案内していただきました。

テーブルに案内していただくと、大きなお皿と「落花生」と「生姜」が最初に提供されます。お茶はウーロン茶を注文。お茶も有料なため中身が無くなれば何度でも足してくれます。

最初に頼んだのだ、「アヒルの卵」です。これがめちゃくちゃ美味しかったです。

テーブルについてくれたスタッフさんが日本語が軽く話せるとのことで、おすすめのメニューを聞いて注文しました。「麻辣湯」のようなトロみのあるスープです。

結構辛くて美味しかったです。

そのあとも小籠包や担々麺を注文したのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

最後にデザートのフルーツ乗せ杏仁豆腐。みずみずしいフルーツと本格的な杏仁豆腐が味わえてかなり美味しかったです。

この上海レストランは高級レストランだと思いますが、以外と安いというネット情報を見て訪れました。本当に美味しかったです。

朝からモスクや美術館などイスラム教に関するスポットを見ることが出来ました!

今日はプトラモスク(ピンクモスク)の見学と、イスラム美術館、マスジット・ジャメなどイスラム教に関するスポットを一日見ることが出来ました。

かなりスケジュールが詰め詰めな日でしたが、美味しいお昼ご飯の「ナシレマ」も食べることが出来て見たかった観光スポットを回ることが出来てとても満足な1日でした。

夕食のJWマリオットホテル内にある上海レストランもとても美味しかったです。

明日でクアラルンプールの滞在は最終日となります。居心地が良くてとても寂しいです。

ペトロナスツインタワーが見えるコンドミニアムとも明日でお別れ。夜のクアラルンプールを部屋から眺めます。

日本では見ないキットカットのアイスとミロのアイスがあったので食べてみました!

4日目の記事もよろしくお願いします。

海外旅行の航空券の予約なら「エアトリ」がおすすめ!

マレーシア旅行で航空券をお探しの方は「エアトリ」で航空券を取るのがおすすめです。「エアトリ」は国内/海外の航空券やホテルを予約することが出来るサービスです。

国内旅行であれば航空会社やホテルの公式サイトで直接予約して旅行が出来るので楽ですが、海外旅行だとそうはいきません。


特に海外の航空会社を利用したい時に日本語の対応が無いサイトもありますので、フライトを確保するのがとても難しいです。

エアトリ」は海外の航空会社の便も片道/往復の予約をすることが出来ます。日本のサービスで外国の航空券を抑えることが出来る便利なサービスとなっています。

海外旅行に慣れておらず予約が難しいという方はぜひエアトリのアプリをインストールして見てください!

iOS(iPhone)の方はこちら

Androidの方はこちら

  • 航空券とホテルをセットで予約出来て旅行の計画が簡単に!
  • 難しい海外の航空会社のチケットも日本のサービスで予約が出来る!

マレーシア旅行に使用している旅行アイテム

  • 【キャビンゼロ】CABIN ZERO バックパック CLASSIC 44L

バックパッカーに人気のCABIN ZERO
格安航空を良く使う方や「バックパック1つで旅行をしたい」という方にオススメ!

荷物が少ない方であればキャリーケースではなくてもこのバックパックで十分です。

私はスーツケースの補助としてこのバックも持っていきました。

  • マレーシア&シンガポール兼用のSIMカード

  • TESSANbfタイプ変換プラグ

海外では日本のコンセントと異なるため日本で使用している充電ケーブルを使用するには電源の変換が必要です。コンセント指し穴の形状が異なるということですね。

マレーシアはイギリスと同じbfタイプになりますので、【TESSANbfタイプ変換プラグの使用しています。

これを差し込みすると日本で使用しているACアダプタも使えるようになります。

  • MYCARBON 荷物 旅行はかり

LCCだと荷物の重さ制限が厳しいので、荷造りをした段階で重さを計っておきましょう。

当日に荷物の重量オーバーすると郵送するか追加料金で預けることになるので、自分の荷物の重さは常に確認しておきましょう。

  • 無印良品 バーを自由に調節できるハードキャリーケース 黒

キャリーケースは無印良品の物を使っています。安いか高いかはわかりませんが上部でとても使いやすいので気に入っております。

  • 無印良品 パラグライダークロスたためる仕分けケース・ダブルタイプ・M

旅行荷造りの時に下着やズボン、シャツをどうまとめる大事ですよね。

無印の仕分けケースなら裏表に収納できる両開きタイプなので1つの入れ物に衣類をまとめることができます。

  • セキュリティウエストポーチ 防水

日本を出たらどこの国も危険と考えなければなりません。スリやスキミングなどの軽犯罪に合わないように私は服の下にセキュリティポーチを隠しています。

ここにクレジットカードとパスポートを入れておくことで軽犯罪に巻き込まれないように対策するのがおすすめです。

  • 使い捨て便座シート

海外のトイレは奇麗とは限りません。実際空港以外のトイレはあまり奇麗ではないところもありましたので、使い捨ての便座シートがあるとストレス無くトイレを使うことが出来ますよ。

特にマレーシアはトイレの習慣上、便座がほぼ必ずびしょびしょです。トイレットペーパーが無いトイレとかも多いので便座シートが無いと困ることもありました。

  • 無印良品 トラベルウォレット

海外旅行には日本で使っているお気に入りのお財布は持っていきません。スリにあってしまったり無くした時に痛手が無いように無印良品のトラベルウォレットを使用しています。

素材もナイロン製で柔らかく、サイズもボトムのポケットに収まるくらいコンパクトなのにクレカ、硬貨、お札も入るのでとても使いやすいのでおすすめです。

旅行の予約をするならポイントサイト「ハピタス」を経由するのがオススメ!

旅行の予約をするなら、ポイントサイトを経由して予約するのがオススメです。

ポイントサイトはネットショッピングや旅行の予約の際に、サイトを経由して行う事で購入代金によってポイントが貰えるサービスです。

ポイントサイトを経由して「楽天トラベル」、「一休.com」、「じゃらん」で旅行の予約をすると旅行の代金に応じたポイントが貰えます。

貰ったポイントは楽天ポイントやdポイントなど他社のポイントに交換したり、銀行振込で現金に交換することが出来ます!

私はハピタスというポイントサイトを利用しています。

例えば、下記の画像のようにハピタスを経由して「楽天トラベル」で予約をすると旅行代金の1%をポイントとして貰う事ができます。

30,000円のホテルを予約すれば300ポイントを貰う事ができるわけです。


航空券の予約でもポイントを貰うことが出来るので、海外旅行のような高額なお支払いをする際はハピタスを経由することをおススメします。

\ハピタスの登録はこちらから/

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

私の招待リンクから登録していただければ、キャンペーンで1,000ポイント貰う事ができます。

旅行で使用している支払い方法

マレーシアで使用した支払い方法は主にクレジットカードですが、私はRevolutというカードを使いました。


Revolutは事前に残高をチャージするプリペイドカードなのですが、外貨も対応していますので、マレーシアのリンギットもチャージした残高から支払いをすることが出来ます。

少額であれば手数料もかからないので、現地で両替したり普通のクレジットカードの海外決済手数料を払わずとも海外でお得にお支払いが出来るのでおススメです!

関連記事・おすすめ記事

コロナ禍でキャンプブーム到来!道具を揃えてキャンプをしてみました♪

年末の京都旅に行ってきた旅行記です

2021年の買ってよかった物を紹介しています!

2022年9月に北海道旅行に行った来た旅行記です

コメント

タイトルとURLをコピーしました